少量の荷物の引越しを格安にする方法とは

ほんの少しの荷物なら引越し代も安くすむだろう、と思いがちですが、家財の中に重たく大きな家具や電化製品があれば、安くできない場合も多々あるものです。玄関ドアから入らないようなものは、大きな窓を外してクレーンで吊り上げて出し入れするような特殊作業料金がかかったりすると思いのほか費用がかかってしまいます。その他、エアコンの脱着やBSアンテナの取り外しや取り付けがあれば、さらに高額になってしまいます。そのような特殊な作業の料金がかからずに、小型の少量の荷物だけなら案外安くすむものです。 しかし、トラックで移動する距離が長ければ、荷物が少量とはいえ高速道路代やガソリン代がかさむことになり、結局は高いものについてしまいます。そんなときには、少しでも格安で引っ越せる業者選びが大切になります。

安くなる引越しプランが多彩な業者とは

長距離の引越しでは、どうしても移動にかかる交通費やガソリン代の出費が大きくなってしまいます。業者は、荷物を載せて運んでこそ利益になるものです。遠くまで運んだその後に、何も積まずに空っぽのトラックで帰るのでは利益が出ません。その帰りのトラックを利用した引っ越しプランが「帰り便」や「戻り便」と言われるものです。A県からB県に引っ越しをした後に、B県からA県への引っ越しがあれば、空のトラックを走らせることがありません。うまくタイミングが合えば、格安で引っ越すことができるプランです。 また、「混載便」や「あいのり便」と呼ばれるプランでは、同じ方面の引っ越しを一台のトラックにまとめて積んで交通費やガソリン代を割り勘することにより安く引っ越せます。 このように、荷物が少量の引っ越しではいろいろと融通を利かせられることが多いため、なるべく安くなる方法で引っ越すことをおすすめします。

格安にするためには引っ越しをする曜日も重要

年度末の3月下旬の土日となると、全国的に引っ越し件数が軒並み多くなり、引っ越し費用も従来の何倍もの価格に跳ね上がる時期です。これは、就職や転勤、進学の引っ越しが一気に集中するため、料金の高騰は避けられないことです。また、通常期でも土曜日や日曜日の連休は勤め先や学校が休みになるため、引っ越しが多くなります。 次いで、祭日と土日が続いたときも引っ越しは多いです。なぜなら、引っ越しをして少しでも早いうちに後片付けを行い、早く新生活に慣れたい思いがあるため、家族が休みを取りやすい休日に集中してしまうからです。 引っ越し日が自由になるなら、引っ越しが集中する土日などの休日を避けて、平日に引っ越すことを強くおすすめします。業者が空いている平日の引っ越しは、ともすれば半額程度の費用でおさまることが多いものです。より安く品質の良いサービスが期待できるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

少量の荷物の引越しを格安にする方法とは

ほんの少しの荷物なら引越し代も安くすむだろう、と思いがちですが、家財の中に重たく大きな家具や電化製品があれば、安くできない場合も多々あるものです。玄関ドアから入らないようなものは、大きな窓を外してクレ...

短距離の格安引越しをするならこれがポイント

引越しにかかる相場は、あまりしたことがない人はなかなかわからないものです。たとえば北海道から沖縄に行くときと、大阪から京都に行くときでは移動距離がかなり異なるため値段も異なります。移動距離が違うという...

格安引越しにするためにはまずは見積もり

引越しで新しい住居に入る時には、その新しい生活にわくわくしながらも意外とお金がかかることに不安を覚える方も多いでしょう。新居の入居でもお金がかかりますし、引越しでもお金がかかります。できれば安く抑えた...

単身の引越しを格安で行なう為に

引越しというのは何かとお金が掛かります。出来る事なら格安でしかも手間を掛けずに行ないものです。自分で全て行なえば費用は掛かりませんがその分手間が掛かりますし、作業に慣れていないので、場合によっては運搬...