格安引越しにするためにはまずは見積もり

引越しで新しい住居に入る時には、その新しい生活にわくわくしながらも意外とお金がかかることに不安を覚える方も多いでしょう。新居の入居でもお金がかかりますし、引越しでもお金がかかります。できれば安く抑えたいところです。そこで重要になってくるのが見積もりを取ることで、格安価格を実現することです。複数社の比較ができますし、相手にプレッシャーを与えて値引きの道具としても使えます。 もちろん、一番大切なのは丁寧に生活に作業してくれることですが、何社かを数値で比べることで無駄なコストを抑えることもできますし、不要な出費がないかのチェックにもなりますので有効な手段です。まずは何にどれくらいかかるのかを調べ、どのくらいの規模で行おうとしているのかなどのチェックもできます。

かかる料金の項目は各社で同じではない

引越しをするときに行う作業はだいたいどの業者も同じです。養生、梱包、搬出搬入と片付けが主です。特殊な場合を除いて作業内容は同じなので、どの業者もだいたい同じくらいの金額だろうと思いがちですが実は大きな違いがあることも多いです。何万円と異なっていることもあるので比較することが重要なのです。というのも必要な作業員の人数や荷物の量によって値段は決まりますが、その判断は各社によって異なります。 スタッフのスキルによって少ない人数で対応できる会社とアルバイト作業員だと人数が多くかかってしまうこともあります。また、荷物も多く見積もることもあるので、それだけ価格も上乗せされていることがあるのです。それは比較して初めて気づくことができるので、見積もりを取ることは格安料金には必須なのです。

値段交渉にも有効な見積もり書で値引き

料金はあくまでも目安で絶対ではないことが多いです。値引きができるだけの含みを持たせていることが多いので、逆にそれだけ余裕のある価格設定にしてあるので値引きをしないともったいないです。その交渉時に有効になってくるのが他社の提示した金額です。さらに口で言うよりも実際に見積書を見せる方が確かですので真剣に金額について考えてくれるでしょう。 契約するには他社よりも安くすることですので、同等もしくは少し低い価格にしてくれることが多くなります。格安を実現するには、この値段よりも安いと契約するのにという対応です。そのためには見積もりを取って根拠にすると強みが出ますし、自分も相場がわかって損をすることがなくなります。見積もりを取ったからと言って契約しなくてはいけないことはないので、まずは査定してもらうことが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

少量の荷物の引越しを格安にする方法とは

ほんの少しの荷物なら引越し代も安くすむだろう、と思いがちですが、家財の中に重たく大きな家具や電化製品があれば、安くできない場合も多々あるものです。玄関ドアから入らないようなものは、大きな窓を外してクレ...

短距離の格安引越しをするならこれがポイント

引越しにかかる相場は、あまりしたことがない人はなかなかわからないものです。たとえば北海道から沖縄に行くときと、大阪から京都に行くときでは移動距離がかなり異なるため値段も異なります。移動距離が違うという...

格安引越しにするためにはまずは見積もり

引越しで新しい住居に入る時には、その新しい生活にわくわくしながらも意外とお金がかかることに不安を覚える方も多いでしょう。新居の入居でもお金がかかりますし、引越しでもお金がかかります。できれば安く抑えた...

単身の引越しを格安で行なう為に

引越しというのは何かとお金が掛かります。出来る事なら格安でしかも手間を掛けずに行ないものです。自分で全て行なえば費用は掛かりませんがその分手間が掛かりますし、作業に慣れていないので、場合によっては運搬...