格安引越しを実現するためのポイント

格安で引越しをするためには、兎にも角にも「業者選び」が肝心です。基本的な料金設定には相場があるため大きく変わらないことが多いのですが、それはあくまでも表面上の話です。たとえば、公開している料金設定をインターネットで検索すると、おおよそ相場に近い金額が表示されていたとして、その業者に見積もりを依頼したら大幅に安い料金で済ませられる可能性もあります。
あくまでも表面上の設定料金は表面上のものでしかなく、比較する上で重要なことは「実際の料金」です。逆の見方をすれば、表面上の料金設定が非常に安かったとしても、実際に契約する段階で平均以上の料金になっていれば特に大きな魅力は無くなってしまいます。各業者が競争することで良い状態が生まれるため、「競合」を意識すると節約できる可能性が高まります。

まずは業者に関する情報を集めることが肝心

地域によって選択肢に違いは出ますが、基本的に複数の選択肢がある状態になります。都市部ならば10を超える選択肢から選べる状態になることも少なくありませんが、離島などでは選択肢が2~3個しかない場合もあり得ます。ただ、ほとんどの状態で1つしか選択肢がなくなることは起こりません。地域にある選択肢に限定すれば1つしかないこともあり得ますが、全国展開しているものを含めれば解決できます。
格安で引越しを行いたいのであれば、兎にも角にも「実際に契約するときの料金を把握すること」が重要です。基本的な料金設定を公開するために用いられる「シミュレーション」でもおおよその金額を把握できますが、最終的には見積もりを経て決定したものを確認するまで確実なことは分かりません。

料金は最終的に「交渉」で決定させる

いくつかの選択肢を選んだ後、実際の料金を確認するために見積もりを依頼することになります。もし、見積もりを行わなかった場合には結果が最後の最後まで分からない状態になってしまうので、引越しを検討した段階でできるだけ早めに見積もりを取っておくことが大切です。
格安料金で依頼するためにも見積もりはとても重要で、「結果を比較する」と少なくともその状況で最も安い料金を選択することができます。必ずしもその選択肢が最安値とは限りませんが、少なくとも把握している状態で最も良い選択ができるだけメリットがあります。
そのため、見積もりの際に必ず「他よりも安くして欲しい」という交渉をすることが求められます。交渉をしなくとも良い結果になる可能性もありますが、比較することが前提ならば「他を引き合いに出して交渉すること」が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

少量の荷物の引越しを格安にする方法とは

ほんの少しの荷物なら引越し代も安くすむだろう、と思いがちですが、家財の中に重たく大きな家具や電化製品があれば、安くできない場合も多々あるものです。玄関ドアから入らないようなものは、大きな窓を外してクレ...

短距離の格安引越しをするならこれがポイント

引越しにかかる相場は、あまりしたことがない人はなかなかわからないものです。たとえば北海道から沖縄に行くときと、大阪から京都に行くときでは移動距離がかなり異なるため値段も異なります。移動距離が違うという...

格安引越しにするためにはまずは見積もり

引越しで新しい住居に入る時には、その新しい生活にわくわくしながらも意外とお金がかかることに不安を覚える方も多いでしょう。新居の入居でもお金がかかりますし、引越しでもお金がかかります。できれば安く抑えた...

単身の引越しを格安で行なう為に

引越しというのは何かとお金が掛かります。出来る事なら格安でしかも手間を掛けずに行ないものです。自分で全て行なえば費用は掛かりませんがその分手間が掛かりますし、作業に慣れていないので、場合によっては運搬...